教育 名言について

教育の名言は、現代にも生き続ける内容を示しています

 日本では、中学校までであれば、誰もが等しく学ぶ機会を得ており、それは法律によっても守られています。 教育の現場における名言には、『天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず』というものがあります。幕末、明治期に活躍した人物が言ったとされる言葉として、広く一般にも知られています。 誰にも人としての権利が存在し、貧富の差を超越した平等性の下に生活できるのだ、と解釈されています。特に学校などの教育現場では、誰にもその必要性があり、自分の才能を伸ばす可能性を育む場所でもあります。昔は、勉学に励む事ができる人も、限られた極一部の人たちでした。しかし、必要性の高い事から、貧富の差に左右される事なく誰もが学ぶ事ができる様に、制度も整備された経緯が、日本にも存在しています。 教育は、学校における内容に限らず、学校以外でも学ぶ事ができる内容も多く存在しています。誰もが、学ぶ自由をもって、いつでも学習する機会を得ている事は、名言が改革の発端となり、現在も燦然と輝き続けています。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 教育 名言 All Rights Reserved.