教育 名言について

実践教育に役立つ松下幸之助さんの名言

 あなたは、松下幸之助さんをご存知でしょうか。知っているという人がほとんどでしょう。その松下幸之助さんが、実践することの重要さを単純な言葉で語っています。「塩の辛さ、砂糖の甘さは学問では理解できない。だが、なめてみればすぐ分かる」 どうでしょうか。実践することの意味が、端的に表現されているのではないでしょうか。実践教育をする場合、実践することのイメージが掴めていると、教育効果が深まります。この言葉は、実践することの意味がイメージできる名言といえるのではないでしょうか。では、実践することで何がもたらされるのでしょうか。 私たちは人間ですので、深い思考をすることができます。それは人間を人間足らしめる長所ですが、短所でもあります。思考ができることによって、私たちは思考の世界がすべてだと勘違いしがちです。しかし、私たちは人間であるとともに、動物でもあります。実際に五感を通して体験することで、多くのことを知ることができます。それらは、頭の中で考えていただけでは得られないものです。 塩の辛さや砂糖の甘さは、舐めてみれば瞬時に分かります。同じように、誰かの気持ちは、一緒にいれば分かります。頭で考えても迷路にはまるだけです。何かに悩んだら、頭で悩むのもほどほどにして、実際に「問題の物事」と同じ空間を共有してみましょう。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 教育 名言 All Rights Reserved.